消費者金融の審査で在籍確認を省略する方法!

消費者金融の審査で在籍確認を省略する方法!

ホーム » 消費者金融の審査で在籍確認を省略するには?

消費者金融の審査で在籍確認を省略するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融でお金を借りるとなると、年収の1/3以下の金額しか借りれません。総量規制という法律が適用されるからです。ところが銀行系のカードローンはこの総量規制の対象外です。では銀行系のカードローンの審査に通るためにはどうしたらよいのでしょうか?では最初に一例として三井住友銀行の審査基準を確認しておきましょう。

 

総量規制対象外の審査のポイント!
1.安定した収入があること。
2.三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられる人。
3.使用用途が事業用でないこと。
この3つが銀行系カードローンの審査基準となります。

 

消費者金融の審査基準にないのが、3番目の使用用途です。
 

消費者金融と銀行カードローンの最大の違いは何か?

消費者金融と銀行系の差は、審査基準に使用用途が問われることだけではありません。銀行系の場合、借入限度額が高く設定できるということが挙げられます。そして最大の違いは、総量規制が適用されるかどうかいう点です。

 

消費者金融のローンの場合、総量規制が適用されて、借入限度額は年収の1/3以内と制限されてしまいます。しかし銀行系のカードローンは、この総量規制の対象外になりますので、年収の1/3を超えて借入れることができるのです。

 

つまり、より多くのお金を借りられるのが銀行系ということです。

 

ただし、気を付けておかなければならない点もあります。多くのお金を借りられるということは、その分審査が厳しくなるからです。

 

では、その厳しい審査にパスするにはどうすればいいのでしょうか?
 

総量規制対象外の銀行カードローン審査の対策!

銀行系カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しいと説明しましたが、当たり前のことがきちんとできていれば、実はそんなに難しくないのです。

 

銀行系カードローンの審査基準をおさらいしておきましょう。次の3点がポイントです。
1.安定した収入があること。
2.三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられる人。
3.使用用途が事業用でないこと。
 

1.定期的に安定した収入がある

定期的に安定した収入があるかという審査基準は、消費者金融であれ銀行系であれ、どこの金融業者でも同じ項目です。

 

無担保で保証人なしにお金を貸し出すのですから、当然返済能力が重要になってきます。

 

この点は銀行の方がより厳しく見られます。ですから、収入証明と職業がとても重要になってきます。会社員であれば、月々決まった額以上の収入が得られますので、収入が少なくても問題になることはありません。アルバイトや主婦の場合は多少不利になります。でも審査に通らないということはありません、借入限度額が低くなるだけで、審査自体はパスする可能性があります。

 

ここで収入証明が重要とお伝えしましたが、実は個の収入照明が不要になる場合があります。例えば、三井住友銀行の場合であれば、借入限度額が300万円以下であればその対象になります。審査に通る確率を少しでも上げたいというのであれば、借入限度額を300万円以下にしましょう。それでも消費者金融よりは、はるかに高い金額を借入れることができますよ!

 

さらに耳寄りな情報もあります。申込時の希望融資額によっても審査難易度が若干変わるという情報もあります。具体的には希望融資額が30万円以下の場合、三井住友銀行カードローンの審査は基準を更に引き下げることができるとされています。であれば、まずは30万円以下の希望融資額で申込んでおき、後から限度額を引き上げていくのが良いでしょう。
 

2.指定の保証会社の保証を受けられる人

指定の保証会社の保証を受けられるというと、かなり厳しそうな印象を与えますが、実はそんなに厳しいわけではないようです。三井住友銀行の場合、カードローンの保証会社をグループ会社であるプロミスに委託しています。ということはプロミスの審査基準をクリアしていればいいわけです。つまり、審査基準は消費者金融と全く差がないのです。ではプロミスの審査基準はどうなっているのでしょうか?

 

以下に審査基準を説明いたします。
1.継続的に安定した収入があるか
2.過去に返済事故履歴がないか
3.借入限度額が年収の1/3以内か

 

1番目の項目は、銀行系カードローンの審査基準にもなっていますので、重複しています。つまりどちらか一方がパスしていれば、おのずと両方パスするということです。

 

次に過去の返済事故履歴ですが、これは、ブラックリストに自分が載っていないことが必須条件です。過去に返済事故の履歴がある方は、自分がブラックリストに載っていないか確認しておく必要があります。大体の場合5年を経過すると履歴が消えるようですので、明らかに超えているのであれば確認する必要はありません。ぎりぎりどうかなという方は、指定信用情報機関のホームページで、自分の履歴を確認してください。
 

3.使用用途が事業用でないこと

使用用途が事業用でないことという項目は、一般の方であれば、クリアできる項目です。勤務先の会社や、勤務形態がわかれば、おのずと事業用でないことがわかるからです。

 

この点で引っかかってくるのは、個人事業主の方です。あくまでも個人で利用するのか、はたまた事業の運転資金として利用するのか、その区別がつきにくいからです。

 

借主の属性によって、この基準の厳しさは大きく異なってくるのです。
 

4.クレジットヒストリーが長い

これはポイントとしては挙げていませんので、あくまでも追加の情報ですが、クレジットカードの利用履歴が長ければその分有利になります。利用履歴が長いということは、それだけきちんと返済している期間が長いということになりますから、信用度が上がります。

 

多少の返済が残っていたとしても、利用履歴が長いことの方が重要視されるのです。
 

5. 

こちらもポイントとしては挙げていませんが、審査上有利になる項目です。それは結婚している、或いは同居人がいるという点です。

 

同居人がいれば、返済を肩代わりしてくれることがあると見られるので、審査で有利となります。
結婚しており、配偶者が同居しているという情報が、もっとも審査で有利な属性となるのです。
 

総量規制対象外のカードローンならローンの一本化もできる!

例えば三井住友銀行の場合、借入限度額は最大800万円になります。銀行系のカードローンは総量規制という法律の適用対象外だからです。この場合は収入証明が必ず必要になりますので、誰でも800万円まで借りられるわけではありませんが、それでも消費者金融の上限額よりはるかに高いお金を借入れることができるのです。

 

これが銀行系カードローンのメリットです。しかも借り換えや一本化が可能なのです。何社からも借入をしている多重債務の方は、ローンを一本化して少しでも返済を楽にしたいでしょう。銀行系のカードローンなら、数社からの借入をまとめることができるのです。

 

銀行系のカードローンのもう一つの特徴として、消費者金融と比較して低金利で借りられるという点があります。これをうまく利用すれば、多重債務を抱えている方であっても、少しは返済額を減らすことができるのです。ですから、そういった方にこそ銀行系のカードローンはお薦めなのです。
 

総量規制対象外でおすすめなのは三井住友銀行カードローン!

銀行系のカードローンは、総量規制対象外だと説明してきましたが、同じ銀行系であっても審査基準は若干異なります。また貸付金利にも差があります。ではどこのカードローンを選べば良いのでしょうか?

 

ここでお薦めするのは、三井住友銀行カードローンです。三井住友銀行は信用情報の審査に、プロミスを使っていると説明しましたが、その分他の銀行系カードローンよりは、審査が早くできます。最短30分で審査が終わります。しかも銀行系なので金利も比較的安いのです。今すぐお金を借りたい、借り換えたいというのであれば、三井住友銀行カードローンが最もニーズに近いといえるでしょう。

 

まずは三井住友銀行カードローンのホームページを見てください。きっとあなたの力になってくれる情報があるはずです。

 
モビット 審査
モビットの審査に必要な審査基準は全部で3つに分かれます。もしあなたが少しでも確実にモビットの審査に通りたいのであれば、年収・返済履歴・限度額の3つのポイントに注意すれば大丈夫ですよ!

 
プロミス 審査
プロミスの審査では、職場への電話確認を書類確認に切り替えてくれることがあります。そのためにはプロミスの審査を申し込んだ直後に、あなたの方からプロミスに電話を掛ける必要があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー