瀬戸大也のラブホでクイックターンとはうまく言うなぁ

瀬戸大也さんの不倫騒動
しかし、やはりプロは違いますね。
「瀬戸大也、裏切るのクィックターン」
週刊誌の報道によると
都内の自宅を出てピカピカのBMWででた彼は道中で女性をピックアップし都内のラブ補へ
そして約1時間半でそこを出て、さらに日本製ファミリーカーに乗り換えてまたすぐに子供たの保育園へお迎えに
その一部始終をうまく「クイックターン」と表現するあたり
さすげですね。

確かに頃な騒ぎで延期された東京オリンピック
試合どころか練習にも大きな影響が出ているようで、そのモチベーション維持に苦戦しているあるロートの話もよく聞きます。
瀬戸自身も
「やらなきゃと思いつつ、まだ気持ちがジャイラ内厳しい日々がtるづいている」
と心境を吐露しています。

■ 献身的な妻のバックアップが話題だったが・・・
前回のオリンピックでライバルの荻野公介氏の後塵を拝してしまった瀬戸氏
しかし、そこから持ち前の精神力ですぐさま4年後のオリンピックに照準を合わせ見事東京オリンピック代表内定の座を勝ちとりりました。
その様子はよくテレビでも取り上げらましたが、そこには献身的な妻の存在がありました。
もともと奥さんもアスリート(飛び込み選手)
「私のなかでは、自分がオリンピックに行きたいというより、大也の金メダルへの挑戦をサポートしたいという気持ちが占めたんです、それが私にとっての五輪出場だと」
そんな奥様の雑誌でのインタビュー記事がありました。
そんな夫婦不随で挑戦する姿に世間は温かく見守っていました。
有名食品メーカーでのCMも夫婦で出演
瀬戸大也夫妻の好感度は高く、イクメン夫としてイメージも高かったから今回の不倫騒動の落差は大きかったですね。

■持ち前の精神力で乗り切れ 瀬戸大也
しかし今回の不倫騒動が来年の東京オリンピックへの影響が心配です。
まだまだ時間があるとはいえ、瀬戸氏本人委は相当答えているでしょう。
しかも、お相手らしき女性のツイッターにはだいぶ前からその関係をほのめかすようなつぶやきが・・・
しばらくはコロナ以上に世間の目にさらされてより一層練習もできないのが心配である。
認知症 徘徊 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です