NHK大河の常連!どうしてあの片岡鶴太郎が俳優として大活躍なのか?

NHK大河どら案「麒麟がくる」で無理街幕府政所頭人「摂津晴門」演じているのが片親鶴太郎氏である。
その怪演ぶりもすこぶる好評のようですね。
この片岡鶴太郎さんは意外なことに大河ドラマに常連なのです。
1991年「太平記」:
からなんと6作もの大河ドラマに出演しているのです。
大河ドラマと言えば俳優として認められた証でもあり、俳優みんなが大河ドラマに出演を望んでいるのに出演すらできないの?

今の若い方は片岡鶴太郎さんには俳優としてのイメージしかないのだろうが、私みたいな年代の人間には芸人さんとしてのイメージが未だに色濃く残っています。
俺たちひょうきん族での暴れっぷりもすごかったですけどね。
たぶん
「マッチで~す!」
の物真似は片岡さんからじゃないのかな?

意外と多いのが芸人出身の有名俳優さんです。
あおの藤田まことさんもそうだし
竹中中直人さんおそう
さらにはウィークエンダーでブレイクした泉ピン子さんもそうですよね。
もはや元お笑い芸人だったことなんか誰も知りません。
砂金では
アンジャッシュの児島一哉さんやドランクドラゴンに塚地武雄さんも俳優としてどんどん勝つやkすひて行っています。

その先駆けであるのが片岡鶴太郎さんかもしれません。

「お笑いではたけしさんやさんまさんにはかなwないから」
と早々に芸人に見切りをつけて俳優業に舵を切ったらしいです。
ただ、そののめり込む姿勢は他にも健在で
・ボクシングでプロライセンス取得
・ヨガの難関のインド政府公認インストラクター取得
・美実感も立てたほどの絵画の実力
などなどマルチな才能もお持ちです。
ただヨガに限っては離婚の原因ともなったようで
毎日審査の1時に起きだして4時間もヨガる
そんな生活に愛想をつかして奥様は出て行ったそうです。

捨てることの覚悟
これ、井尾外とむずかしい人生の選択です。
還暦を迎えた私には痛感させられます。
しかし、m捨てないと次にはいけません。
そんなことを片岡鶴太郎さんから学んだ気がします。
カーテンココ 見積もり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です