Author Archives: Butt

NHK大河の常連!どうしてあの片岡鶴太郎が俳優として大活躍なのか?

NHK大河どら案「麒麟がくる」で無理街幕府政所頭人「摂津晴門」演じているのが片親鶴太郎氏である。
その怪演ぶりもすこぶる好評のようですね。
この片岡鶴太郎さんは意外なことに大河ドラマに常連なのです。
1991年「太平記」:
からなんと6作もの大河ドラマに出演しているのです。
大河ドラマと言えば俳優として認められた証でもあり、俳優みんなが大河ドラマに出演を望んでいるのに出演すらできないの?

今の若い方は片岡鶴太郎さんには俳優としてのイメージしかないのだろうが、私みたいな年代の人間には芸人さんとしてのイメージが未だに色濃く残っています。
俺たちひょうきん族での暴れっぷりもすごかったですけどね。
たぶん
「マッチで~す!」
の物真似は片岡さんからじゃないのかな?

意外と多いのが芸人出身の有名俳優さんです。
あおの藤田まことさんもそうだし
竹中中直人さんおそう
さらにはウィークエンダーでブレイクした泉ピン子さんもそうですよね。
もはや元お笑い芸人だったことなんか誰も知りません。
砂金では
アンジャッシュの児島一哉さんやドランクドラゴンに塚地武雄さんも俳優としてどんどん勝つやkすひて行っています。

その先駆けであるのが片岡鶴太郎さんかもしれません。

「お笑いではたけしさんやさんまさんにはかなwないから」
と早々に芸人に見切りをつけて俳優業に舵を切ったらしいです。
ただ、そののめり込む姿勢は他にも健在で
・ボクシングでプロライセンス取得
・ヨガの難関のインド政府公認インストラクター取得
・美実感も立てたほどの絵画の実力
などなどマルチな才能もお持ちです。
ただヨガに限っては離婚の原因ともなったようで
毎日審査の1時に起きだして4時間もヨガる
そんな生活に愛想をつかして奥様は出て行ったそうです。

捨てることの覚悟
これ、井尾外とむずかしい人生の選択です。
還暦を迎えた私には痛感させられます。
しかし、m捨てないと次にはいけません。
そんなことを片岡鶴太郎さんから学んだ気がします。
カーテンココ 見積もり

瀬戸大也のラブホでクイックターンとはうまく言うなぁ

瀬戸大也さんの不倫騒動
しかし、やはりプロは違いますね。
「瀬戸大也、裏切るのクィックターン」
週刊誌の報道によると
都内の自宅を出てピカピカのBMWででた彼は道中で女性をピックアップし都内のラブ補へ
そして約1時間半でそこを出て、さらに日本製ファミリーカーに乗り換えてまたすぐに子供たの保育園へお迎えに
その一部始終をうまく「クイックターン」と表現するあたり
さすげですね。

確かに頃な騒ぎで延期された東京オリンピック
試合どころか練習にも大きな影響が出ているようで、そのモチベーション維持に苦戦しているあるロートの話もよく聞きます。
瀬戸自身も
「やらなきゃと思いつつ、まだ気持ちがジャイラ内厳しい日々がtるづいている」
と心境を吐露しています。

■ 献身的な妻のバックアップが話題だったが・・・
前回のオリンピックでライバルの荻野公介氏の後塵を拝してしまった瀬戸氏
しかし、そこから持ち前の精神力ですぐさま4年後のオリンピックに照準を合わせ見事東京オリンピック代表内定の座を勝ちとりりました。
その様子はよくテレビでも取り上げらましたが、そこには献身的な妻の存在がありました。
もともと奥さんもアスリート(飛び込み選手)
「私のなかでは、自分がオリンピックに行きたいというより、大也の金メダルへの挑戦をサポートしたいという気持ちが占めたんです、それが私にとっての五輪出場だと」
そんな奥様の雑誌でのインタビュー記事がありました。
そんな夫婦不随で挑戦する姿に世間は温かく見守っていました。
有名食品メーカーでのCMも夫婦で出演
瀬戸大也夫妻の好感度は高く、イクメン夫としてイメージも高かったから今回の不倫騒動の落差は大きかったですね。

■持ち前の精神力で乗り切れ 瀬戸大也
しかし今回の不倫騒動が来年の東京オリンピックへの影響が心配です。
まだまだ時間があるとはいえ、瀬戸氏本人委は相当答えているでしょう。
しかも、お相手らしき女性のツイッターにはだいぶ前からその関係をほのめかすようなつぶやきが・・・
しばらくはコロナ以上に世間の目にさらされてより一層練習もできないのが心配である。
認知症 徘徊 GPS キーホルダー

さとみロス!石原さとみの結婚相手は外資系勤務の一般男性

女優の石原さとみさんがねんね委に入籍するという発表に「さとみロス」でヤケ酒におぼれた「さとみスト」との殿方の心中をお察しします。
所属事務所のホリプロの発表によると出会いは石原さとみの知人夫婦の紹介との。
この時点で我々一般人にはチャンスはないだろう・
そもそも私の周りには石原さとみの知人などいないのだから・・・
さらにお相手との
・健康観(なんですよのん健康観って)
・ライフスタイルの価値観(それは高収入があってこそ実現できるもの)
・親孝行や家族への考え方が同じなことに惹かれたらしい。
石原さとみ自身もすでに33歳
結婚願望が強くなってもおかしくない年頃ですからね。

でも、昨年に交際の噂になっていたのはIT階差は「ShowRoom」社長の前田裕二氏ではなかったか・・・
となれば交際期間は短いかなりのスピード結婚ですね。

石原さとみが惚れたのはコロナのおかげとも言われてます。
「後輩への教え方がものすごく丁寧で、歴史上の人物や経営者など自分が感銘を受けた人の言葉を交えながら相手を指導している姿が新鮮だった」
このコロナ禍で彼のテレワークにおける仕事ぶりを隣で見守っていたらしい。
そもそもそんな彼のテレワークする仕事ぶりを見ていたこと自体がすでに彼の部屋に一緒に暮らしていたことになるが・・・

そんな幸せすぎる彼氏はというと
・外資系金融機関ゴールドマンサックス勤務のスーパーエリート
ということだ。
推定年収は1500万円~2500万円t零度らしい。

でも、重要なのは同じ価値感だったかもしれない。
石原さとみさんは出身高校も「創価高校」であり家族含めてバリバリの創価学会員さんである。
しかも、彼氏さんの出身高校も創価高校らしい。
一応、彼氏の創価学会員は否定しているがそれはちょっと怪しいですね。
同じ信仰をもつ二人であれば、もちろん価値観や考え方が同じであっても当然です。
不謹慎ながらこんなきれいな方に折伏(しゃくぶく)されたら私もすぐに入会してしまうだろう。
※折伏(しゃくぶく)・・・学会への勧誘(本来の仏教用語の意味は少し異なるが)
きらケア老人ホーム

関西のテレビは「吉本」と「維新」が出まくっているが・・・

関西のテレビ界は細菌「吉本芸人」と「維新」に支配されている
それはネットに書いてあった内容だが果たして本当だろうか?

確かに急に関西ローカルでもニュース色の強い番組も増えてきました。
そこに評論家たちと出演するのは吉本の芸人さんたちだ。
ひごろ経済やニュースとは縁遠い人たちが面白おかしくコメントを返している。
さらにここに与親良大阪市長や松井大阪府知事もよく生出演している。

つい最近あmでリベラル色の強かった関西のテレビ局が大きく変わってしまった感がりあります。
前回の大阪都構想の住民投票の時には、どこもかなり維新の政策には否定的であったような気がします。
確かにこの『コロナ禍』の中、吉村大阪市長のスピーディーな対応は大きな反響で日本で一番コロナと戦っている首長の象徴としてどこも称賛の嵐でした。
吉村大阪市長が出演すれば数次(視聴率)が取れる?
そんな思惑があるのかないのかわかりんませんが・・・

「大阪はこの吉村大阪市長と松井大阪府知事に任すしかおまへんやろ」
そんな空気が今の大阪ですし、頃の対策においては他の地域の対応に比べて鼻高々の大阪市民・大阪府民であることには違いない。
確かにこのコロナ禍での維新の対応は素晴らしかったことは間違いない。
スピーディーな対応は他の地域とは比べ物にならないし、あの東京都知事よりも何倍もの評価が高まったと思います。

このままの勢いで行えばもしかしたら前回否決された「大阪都構想」の住民投票もあっさり可決されてしまうかもしれませんね。
しかし、一連のコロナ対策と大阪都構想は全くの別物
しかし、多くの方がごっちゃに考えてしまうのも仕方ない。
さらには衆議院解散総選挙の期日を住民投票に合わせる?
みたいなことも言い出す人もいる。
これではますます大阪都構想があっさり可決という投げれになっていくような気がします。
もちろん私は大阪都構想賛成派だが、どうもあまり中身が最近は全く議論されていない気がします。
さてさ、どうなることやら・・・
お墓 いらない

藤井聡太棋聖の稼ぎがすごいらしい

藤井聡太棋聖が話題になっています。
今回最年少でタイトル奪取して、ますますその勢いは止まりません。
そんな話題の自分を企業は放ってはおきませんよね。

「もしも5億円あったら積み上げて天井に届くか実験したい」
藤井棋聖が小学校の卒業アルバムにそう書いてあったそうです。
しかし、その実験ももうすぐ可能になるかもしれませんね。

今の将棋界で現役最強と言われる渡辺明二冠が
「負け方がどれも想像を超えている
 もうなんなんだろうね、という感じ」
と振り返るくらい異端児の将棋の指し方のようです。

将棋連盟の獲得賞金・対局料ベスト10によると2019年時点で
第1位は豊原将之竜王・名人で7157万円
3位の渡辺棋王・名人で6514万円
そして藤井7段が9位の2108万円でした。

■ そろそろCMに登場か?
実際将棋の対局料なんて高が知れている?というのが現実かもしれません。
タイトル戦の
竜王戦・・・4400万円
叡王戦・・・2500万円
棋聖戦と王位戦 合わせて約3000万円
棋王戦・・・1000万円
王将戦・・・1000万円
NHKや朝日新聞・JTなどのスポンサー戦での一般公式戦で数百万円程度

元日本将棋連盟の理事の田丸昇9段が
「棋聖戦を制して今年は3000万円台には乗るでしょう。
 王位をとれば5000万円近くになる。
 今後いくつかのタイトル戦を制せば年に億を稼ぐようになる」
ともいれています。
夫の居場所 GPS

かつての天才棋士として騒がれた羽生9段は永世称号を7つ獲得した史上初の永世7冠の場合
1993年から2019年の27年分の合計が約28億円だそうです。
これにCM出演や将棋関係書籍などの収入が加算されれば今までに稼いだ額は30~40億円にまでなるのではないか?といわれています。
今の勢いのままでいけば、羽生9段以上の可能性も高いような気がします。
藤井聡太人気がこれだけ高いのですから各スポンサーの争奪戦も予想されますよね。
そうするといくら稼ぐのでしょうかねぇ・・・